コンディショニング=ケアではない

【コンディショニング=ケアではない】

 

こんにちは!ファーストクラストレーナーズ、コンディショニング講師の岩長絵里香です!

本日も、前回に続き研修の様子を少しだけご紹介します。

今回のテーマは「下肢のコンディショニング」でした。

 

ここ最近、多くのパーソナルトレーニングジムの中でも「コンディショニングジム」というものが増えてきました。皆様は、この「コンディショニング」というものが何を表しているのかご存じでしょうか?

コンディショニングとはマッサージやストレッチだと想像されている方も多いのではないでしょうか?

 

実はこのコンディショニングというもの、それだけではありません。

コンディショニングというのは「現状から良い状態に持っていくすべての過程」のことを指します。

例えば今、膝に痛みがあるとして、膝周囲のマッサージやストレッチを行い痛みが軽減したとします。

ですが多くの場合これでは元に戻ってしまいます

 

何故か、それは「痛みを引き起こすような間違った身体の使い方」をしているからです。

その間違った使い方を修正しない限りは、マッサージやストレッチはただのその場限りの対処になってしまいます。

 

もちろん、ストレッチやマッサージで痛みが取れることは間違いないので、それ自体はいいものです。

問題なのはそれで終わってしまうことです。

 

大事なのはマッサージやストレッチなどでまずはいい状態にすること、そこから、トレーニングをすることです。ここでいうトレーニングとはマシンなどを利用した負荷の高いものを表すのではなく、正しい身体の使い方を行う、また、軸を整えるようなものや、いろんな負荷に耐えるような運動などのことを指します。

 

何回もマッサージ屋さんに通って医療費を払うくらいなら、正しい身体の使い方を一度身につけて、今後怪我をしない身体を作り上げ、根本的なところから解決するほうが効率的です。

 

特に今回の研修テーマである下肢(骨盤~足にかけてのこと)は日常生活上でも、トレーニング上でもたくさん使うところなので、コンディショニングが非常に大切です。

 

研修に参加したトレーナーの一人が「いざやってみると自分の身体の使えていないところが分かりますね」と言ってくれました。その気づきがとても大切だと私は思います。

是非、このブログを一読していただいた皆様にも改めて自分の身体と向き合っていただき、

まるで健康診断に来るような気持ちで体験レッスンだけでも受けてほしいなと思います。

 

そこできっと、自分の身体について知ることができます。

そして今後どのような使い方をすると、健康に過ごせるのかを分かっていただけるかと思います。

皆様の健康のお手伝いを、私たちファーストクラストレーナーズのトレーナーが自信をもって担当させていただきます!

 

とはいえ、どんなことをしているのかとよくお客様からもトレーナーからも質問を多く受けるので…

 

この度、私のインスタグラムを始めることにしました!

私の普段のレッスンの風景、パフォーマンスアップや筋力アップトレーニング、コンディショニングレッスンの様子がご覧いただけます!

 

なかなか慣れてはおりませんが、一生懸命更新していければと思いますので、ぜひフォローお願いします!

 

 岩長のinstagramは、

↓↓↓

@erika_fct

 

 ファーストクラストレーナーズ

コンディショニング講師/プロトレーナー

 岩長絵里香