タンパク質量を考えてみよう!!

 

こんにちは!オーナーの梶原です。

 

最近、ダイエットを達成されたクライアント様からボディメイクへのご要望が多くなってきています。(715日のブログにて)

 

 

 

ダイエットを達成されると、体重よりも見た目を重視するようになり、美意識が強くなっていきます。

 

‘’筋肉を大きくしたい‘’ ‘’腹筋を作りたい‘’ ‘’ヒップをつくりたい‘’などのご要望を多くいただくようになります。一時的に細くなったカラダの筋肉量をアップさせるには、簡単です。賢く食べるということになります。

でも折角ダイエットで絞ったのに、今度は食べ過ぎてリバウンドということにならないように糖質をコントロールして、脂質は適度にタンパク質量多めの食事を積極的にとるようにしていきたいものです。

 

 

 

当社で、ボディビル及びボディコンテストに出場するトレーナーたちは、1日の食事をこまめに5回ぐらいに分けてタンパク質量の多い食事を心がけているようです。

 

 

 

では、どのくらいのタンパク質量を摂取したら良いかといいますと、栄養学の観点からは体重1Kgに対して2gが毎日必要といわれています。

体重が60Kgの方であれば60×2gで120/を摂取する計算になります。

 

 

 

120gというと簡単に感じますが、これを毎日継続するのが結構厳しくなってきます。具体的に見てみますと、

 

 

 

タンパク質量は、牛乳200ccで7g(3.4ℓ必要)、卵1個で2.5g(48個必要)、木綿豆腐100gで7g(1.7kg必要)です。

 

一方、お肉類ですと、牛ヒレ100gで21.5g(700g必要)、鳥のササミ100gで23g(520必要)ですので、これを朝、昼、夜と3食で摂取するとなると、想像するだけでお腹いっぱいになりますし、せっかくの食事なのに美味しいという感覚はなくなります。

 

 

 

 

 

筋肉をつけるにはタンパク質の摂取が鉄則です。しかし、摂取したタンパク質すべてが筋肉に変化するのではなくて、個人差があり、大体、摂取量の30%~50%ぐらいといわれています。毎日120g摂取(体重60Kgの方)して、1か月で3.6Kg、1年で43Kgという計算になりますが、30%~50%が筋肉に成長すると仮定すると13Kg~22Kg/年ぐらいの筋肉がつく計算になりますので、60Kgの方が1年間で73Kg以上の筋肉増量に成功する例は、本気でボディコンテストに出場するならチャレンジしても良いと思いますが、毎日が苦しくて私は無理です。(パーソナルトレーナー尊敬!!)

 

パーソナルトレーニングにて、食べて、動いて、ストレス発散!!動きやすく、しなやかで、適度な筋肉づくりにチャレンジすることをお勧めいたします。

 

 

 

最近、私の流行りの食べ物は、ギリシャヨーグルトです。1100g当たり、タンパク質量が10.0gで、脂肪は0gです。スイーツ感覚で食べています。朝2個、間食で2個食べていますので、食事とは別にタンパク質量40gを効率よく摂取できています。

トレーニング、食事、毎日の積み重ねをコツコツと、楽しみながら実践してくださませ!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆キャッシュバックキャンペーン◆

この記事をお読みいただいた方で、体験レッスン後、ご入会の場合は3000円をキャッシュバックいたします。

体験予約ページのキャンペーンコード欄に「B543974」をご記入ください。