新里 卓也

■PROトレーナー

■レッスン可能日時

月曜日 8:00~21:00

火曜日 8:00~21:00

水曜日 8:00~21:00

木曜日 8:00~21:00

金曜日 8:00~21:00

土曜日 8:00~14:00

日曜日 8:00~21:00

※日、時間帯によっては、上記以外でも予約可能です。

■指導歴

2004年〜

ファーストクラストレーナーズ インスタグラム


PROFILE

サッカー歴12年

マラソン歴3年

高校生の時サッカーで膝と足首に大きなケガを経験し、リハビリの過程で身体の事を深く学びたいと思い、卒業と同時に沖縄県から来阪し鍼灸の専門学校に入学。

学校に通いながら鍼灸整骨院で勤務し、鍼灸師国家資格を取得。計13年間に渡り治療・運動指導・リハビリテーションに携わる。

運動学や人体力学をより深く学ぶためランニングを始め、初めてのフルマラソンである泉州国際マラソンをサブ4で完走する。現在もサブ3.5を目指し日々鍛錬中!! 

 

■資格

・はり師・きゅう師

・NSCA認定パーソナルトレーナー

・フォームソティックス・メディカル取扱認定

・ランブルローラー認定インストラクター

・JCCA認定ベーシックインストラクター

・TRX サスペンショントレーナー認定インストラクター

 

■経歴

・沖縄県立名護高等学校普通科 卒業

・国際東洋医療鍼灸学院 卒業

・鍼灸整骨院にて運動指導やリハビリテーションに従事

 

■その他PR

鍼灸師として長年、幅広い年齢層の患者様が抱える身体の痛みや不安、悩みに向かい合ってきました。

トレーニングやボディーケアの方法にはまず正しい評価を行なった上で取り組むことが重要になります。

治療の現場での経験を活かし、解剖学的・運動学的な身体評価(姿勢や動作など)を行い、一人一人に合わせたオーダーメイドのプログラムを提供致します。

肩凝り・腰痛・頭痛等の不定愁訴や不良姿勢の矯正といったコンディショニングについてもご相談下さい。

また自分自身の怪我やマラソンの経験から、身体に合った靴の重要性について痛感し、足部障害の改善にも力を入れています。

足病医が使用している評価法により足のアライメント(配列)の崩れが及ぼす身体の歪みや機能障害の原因を突き止めた上で、「フォームソティックスメディカル」と呼ばれる矯正用インソールの処方を行なっています。

足部の歪みを改善する事で、効率の良いパーソナルトレーニングを実施する事ができ、最短で目標を達成して頂く事ができます。

フォームソティックスに興味がある方はどうぞご相談下さい。

 

■パーソナルトレーナーを探している皆さんへ

体重を減らしたい、筋肉を増やしたい、パフォーマンス能力を向上したい…など、パーソナルトレーナーをお探しの皆様には様々な目標があると思います。

私たちトレーナーはそんなお客様一人一人が望む理想的な身体を手に入れる為のお手伝いをさせて頂いています。

目標にたどり着くまでに、やる気が続かなかったり、諦めそうになる事もあるかもしれません。そんな時に頼りにして欲しいのが私達パーソナルトレーナーです。

マインドやメンタルの低下を防ぐ為のストレス発散メニュー、アロマ、鍼灸、マッサージによるリラクゼーションなど、その時の一人一人に合わせたオーダーメイドのプログラムを取り入れ、皆様の悩みにも寄り添います。

私たちのトレーニングは皆様を飽きさせずに楽しく取り組んで頂けます。続けていく事で身体や心が変わり、人生が今よりもhappyになっていくと思います。

皆さんが抱えている問題に対して一緒に考え、真剣に向き合います。私に皆様の人生がhappyになる為のお手伝いをさせて下さい。

身体の事や気持ちの事、何でもご相談下さいね。

 

■趣味

・ランニング

・読書

・スポーツ観戦(特にセレッソ大阪の応援)

・サッカーゲーム

・呑み食べ

・ヨガ

 

■好きな言葉

初志貫徹

 

■お客様の声 

  1. 2ヶ月間だけと決めて始めたパーソナルトレーニングは、結果的に想像以上の効果を私にもたらしました。
    最も素晴らしいことは、長年自分を縛り続けてきたコンプレックスの克服が起きたことです。男として引き締まったカラダを手にしたいという漠然とした動機は、トレーニングを重ねる中で私が人生で今まで一度も上がったことのない懸垂を上げるという明確な目標へと成長を遂げました。新里さんは私に飽きが来ないように一度として同じメニューの日を作らず、かつ体幹を鍛えるという軸からブレることはありませんでした。
    私は懸垂が上がるようになり、ハードなトレーニングにも耐えるだけの精神的余裕を取り戻りました。
    パーソナルでなければ叶えられなかった状態に今あるとはっきり言うことができます。超えられない山は無いのです。